« 子供達の声を活かす | トップページ | バル街Ⅶへ(その2) »

2007.04.24

バル街Ⅶへ(その1)

4月24日(火曜日)
 激JOBは勢いを落としたわけではないが、やはり息抜きというものは必要であり。
 去年の春バルはみぞれもどきの雨の中、寒さに耐えながらの昼バルから夜へと流れていった。それはそれで楽しい想い出。
 今年は一転昼から好天、夜が待ち遠しい。ところが、出がけに職場脱出困難に陥り、まずは先発隊6名、タクシーで現地に行ってもらう。
 何とか19時過ぎには脱出。自分含め後発隊3名は急いで西部地区へ。

 合流場所から順に紹介していきますと・・・。

①銀座通り・十字街コース43 「ル・コントワール」
P4242433P4242432    完全に出遅れた。タクシーを降りると屋外ライヴが素敵な音を奏でている。群衆は盛り上がり。先発隊はといえば、何と、もう既に一軒消化してきてしまったという。「花かるた」だったそう。「花かるた」はママさんが旧知で、店の雰囲気、ピンチョーのボリューム、皆最高なので自分としては外すわけにはいかなかったのだが、仲間が既に行ってしまったというのでは諦めざるを得なかった。残念!

P4242431 で、まずは「ル・コントワール」で駆けつけのワインを頂く。早く仲間の酔った雰囲気に追いつかなければ、の思いで一気に。せっかくおしゃれなピンチョーも味わう暇もなく平らげるしまつ。これではバルの雰囲気を味わうどころではない。
 教訓。仲間から遅れをとった場合は、最初は単独行動でのんびり行くべし。

②ベイエリアコース8 「ダイニングイチノヘ」
P4242438P4242435P42424361   毎度のことだが今回も野郎9人での集団行動。一個団体としては人数多すぎ。しかしこのお店、広い室内でそれほど混んでもおらず、ゆったりと大テーブルに座らせていただいた。ここでも、みんなに早くP42424371追いつくべく、ウイスキーをロックで。
    普段、ウイスキーなんて しかもロックでなど飲むことはまずないのに、これは無謀。

③二十間坂・南部坂・大三坂コース26 「ペンション『坂の上』」
P4242443P42424401P4242442    ここはとてもおしゃれなペンション。係りの方の案内に導かれ、エレベーターで上階へ。酔いがきてることもあり、何階だったかまで正確な記憶がない。確か、3階だったか。
 窓際カウンターからの港方面の眺めがロマンティック。若い二人には最適な状況。しかし我等男9人組はまたもや中央の大テーブルにどっかと腰をおろし、ワイワイガヤガヤ。雰囲気ぶち壊し? ここのピンチョーはやや弱かったかな。飲み物はやはりウイスキーのロック。無謀だって・・・。店を出る頃にはほとんど ただの酔っ払いと化す。

 長くなって来ていますので、明日、その2をご報告いたします。

           * * *

去年の4月24日 芋の焼酎がいい
 「夜、何となく、軽く飲みに行こうという話しになり、街へ。
  最近。といっても網走の2年目くらいからか。芋の焼酎がお気に入りになり、
 最初の何杯かのビールのあとは焼酎の水割りかお湯割りでちびちびやる。」・・・・

|

« 子供達の声を活かす | トップページ | バル街Ⅶへ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バル街Ⅶへ(その1):

« 子供達の声を活かす | トップページ | バル街Ⅶへ(その2) »