« 新しいシーニックの息吹 | トップページ | いじめ、どうすれば・・ »

2007.03.03

お花で盛り上がる

3月3日(土曜日)桃の節句
 かとうけいこさんが昨日の木古内から函館入り。午後から、今度はシーニックバイウェイ函館・大沼・噴火湾ルートのルート運営代表者会議「景観分科会」主催によるミニシンポジウム「かとうけいこさんと考える”花と出会い”」への参加のため。

P3032403  午前、春の青空の五稜郭タワーでお迎えし、関係者と共にタワーからの眺望を楽しむ。  かとうさんは大沼公園経由で「バルト」での昼食後、七飯町文化センターに入る。
 こちらはタワーからすぐに七飯町入りで会場セットのお手伝い。と思ったが、既に花関係の活動団体の方々がほんわかした桃の節句仕様の会場P3032409 P3032411 P3032412 を作り上げていて、もう手出しができるような状況ではなかった。テーブル上には、和菓子にお内裏様とお雛様を和紙でアレンジした雛飾りと花のバスケット。これが最後にはサプライズお土産に早変わりする。

P3032415  かとうさんのお花テーマにした基調的講演の後、参加された活動団体の方々とのやわらかトークという趣向。七飯町商工会、函館手工芸の会、スプリングボードユニティ21、北の縄文CLUB、函館すぷれっと、森町観光ボランティアガイド等々の花に関する取り組みと課題などを気軽な雰囲気でかとうさんと語り合う。BGMは静かに「たのしいひな祭り」。

 シーニックの活動でこういった演出は恐らく前例があまりないであろうと思われ、オリジナリティに溢れるこの会にまたもや本格的なシーニック活動の魂を感じ、大変喜ばしいことであった。
 休日ではあったが、とても充実した、素敵で貴重な時間を過ごすことが出来た。

          * * *

去年の3月3日 本当に海明けた

|

« 新しいシーニックの息吹 | トップページ | いじめ、どうすれば・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お花で盛り上がる:

« 新しいシーニックの息吹 | トップページ | いじめ、どうすれば・・ »