« 忙しい日が続き・・ | トップページ | 休日お仕事 »

2007.02.19

FMいるかに生出演

2月19日(月曜日)

 「FMいるか」は函館市のローカルFM局です。ローカルコミュニティFM局としては、全国で初めての開業ということで、今では普通に各都市どこでもあるミニFM局の草分けなのです。これは、自慢できることの一つだと思います。「はこだて検定」の公式テキストにも確か載ってたような。

 聴取可能なエリアでの聴取率は、その分野では北海道の横綱、STVラジオを凌ぐという話しも聞いたことがあり、地元に愛される地元密着型のラジオ局なのであります。

 で、その、みんなに聴かれているラジオ放送に、生出演してきてしまいました。

 パーソナリティ山形敦子さんの「人・ネットワーク」という20分番組。市内の各界の方々を迎え、好きな音楽を1曲挟みながら、仕事の話し、生活の話し、趣味・特技の話しなど幅広いテーマでトークを繰り広げるという、あまり堅苦しくない感じの番組です。
 山形さんのナビゲーターでこちらは乗っかって話せばいいので、気は楽なところもありますが、なにせ、生放送ということで。
 昨年の夏に「道路ふれあい月間」の行事のPRのため、2人で出演したときは録音だったのでまだ良かったですが、生はやっぱり緊張します。

 今回のメインテーマは、函館都市圏渋滞対策協議会でこのたび作製して、各界に好評を頂いている「はこだて観光のりかえマップ」について。
 函館市の公共交通機関ネットワークは特にバス路線を筆頭に非常に入り組んでおり、観光客はもちろん、地元市民にとっても簡単には理解できないような複雑な路線系統となっているという見方が多くあります。近年、市バスが函館バスに吸収されたばかりという経緯もあり、なかなか簡単には整理しづらいといった事情もあるようですが。

 ユーザーアンケート調査からもそのような声を頂いていたので、それじゃあ、ということで市内のバス、路面電車、JRを横断的に見て、圏域の代表的な観光地・施設を巡るために便利な、早見表的のりかえマップを作ることになったわけです。
 京都市にはバス路線に限定したものがあるそうですが、電車やJR等も含めた「のりかえマップ」は国内でもおそらく類を見ないと思われます。

 もちろん、公共交通機関をよりたくさん利用して頂くことは、交通需要マネジメントの精神そのものであり、このマップを活用して頂くことで観光の目的地を探しながらうろうろする「うろつき車両」の減少なども含め、市内の交通混雑緩和や、ひいてはCo2削減等に一役買うことも狙っています。

 こういった大目的の精神もさることながら、複数の公共交通を横断的に見ていかなければならないということで、単一機関の取り組みでは不都合であることから、圏域を網羅する14の関係機関からなる渋滞対策協議会での動きとしたわけです。

 ということで、このマップの使い方、目的、作製にあたっての苦労話し、などなど山形さんとのキャッチボールでお話してきました。途中、網走単身の話しから、北海道の広さがあまり実感として知られていない話し、高規格幹線道路がまだまだ未整備・・・というような話の展開などもあり。
 オファーがあったときの話しでは、もっと趣味のトークがあるようなイメージだったので、RUNのことやビートルズの話などたくさんしてやろうと思って行ったところ、実際はほとんどが「はこだて観光のりかえマップ」の話題に終始してしまいました。まあ、曲を挟んでの20分なんて、あっという間です。

Longwindingload  ではここで今日、NAOMIさんが選んだ一曲、ザ・ビートルズで「The Long And Winding Load」をお送りします。どうぞ・・・・。

          * * *

去年の2月19日 戦略会議の最終日

|

« 忙しい日が続き・・ | トップページ | 休日お仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FMいるかに生出演:

« 忙しい日が続き・・ | トップページ | 休日お仕事 »