« 函館学講座 受講 | トップページ | 解析「欧米かっ!」 »

2007.01.27

シーニックキャンドルづくり

1月27日(土曜日)
 シーニックバイウェイの函館・大沼・噴火湾ルートではこの冬、ルート指定記念事業も兼ねた「シーニック・de・ナイト」を開催中。
 ルート内の様々なエリアでアイスキャンドルを点灯し幻想的な世界を演出しながらの各種催しが不定期で実施されています。
 多くの観光客や地元のみなさんが来場し、素敵な夜を過ごし、良い想い出をつくって頂くことで道南の活性化に繋げていきたいというシーニック関係団体・機関の情熱はきっと実を結ぶことでしょう。

 昨年11月にシーニックルート指定後、ルートエリア内をまたいで統一的に行われる初の大きな試みでもあり、当社としても、そして個人的にも力を入れて応援しています。
 
 今後のキャンドル関連イベント予定は以下の通り。
 (見るだけではなく、「参加」したい方向けです。)

 ◆はこだて冬フェスティバル 点灯ウォークラリー
  2月1日(木)18時~19時30分
  集合場所:イギリス領事館 17時30分~
  設置場所:基坂~元町公園~港ヶ丘通り
  内容  :アイスキャンドル500基・樹脂キャンドル100基
 ◆シーニックdeナイト
  2月3日(土)18時~20時
  集合場所:富岡第1公園 17時30分~
  設置場所:本通り富岡線(旧戸井線)
  内容  :アイスキャンドル500基・樹脂キャンドル100基
       雪玉キャンドル100個
 ◆第41回大沼函館雪と氷の祭典 シーニックdeナイト
  2月3日(土)18時~ 点灯式
  集合場所:大沼公園イベント広場 16時~
  設置場所:大沼公園界隈
  内容  :アイスキャンドル?基・樹脂キャンドル?基
 ◆金森キャンドルナイト
  2月10日(土)、11日(日)17時~19時
  集合場所:金森イベント広場
  設置場所:イベント広場中庭、建物周辺
  内容  :アイスキャンドル500基・樹脂キャンドル100基
 
 これらのイベントで使うアイスキャンドルの「型枠」と樹脂キャンドルを造る作業が既に何度か行われました。大量の1リットルパック(牛乳・清涼飲料等の空)とスチールのロング空き缶が必要となるため、シーニック関係団体や応援して頂ける市内の関連企業などから事前に材料の提供を受け、確保されています。

070127001  今日も13時からBAYエリアにある金森ホールで作製作業が行われたので、娘2人連れてお手伝いに行ってきました。
 全体で50人ほど集まり、作業分担しながら今日だけで600ヶぐらいのアイスキャンドル用型枠と何十個だったかの樹脂キャンドルをつくりました。
070127002  始まってから16時前ほどまで、流れ作業でびっちり働いて、見る見るうちに空のパックが型枠や樹脂キャンドルに変わっていく様は見事なものでした。

 おばちゃん達はどんどん仕事に慣れて、段々作業が速くなり、それを自慢げに語りながら確かにどんどん造っていくのですが、「作品」のクオリティが明らかに反比例して行っていることに気づいてないようでした。まあ、悪気はないし、実害もないだろうから特に指摘などもしませんでしたが・・・恐るべしおばちゃんパワーです。

 子供達は出されたおやつにむしろ夢中のようでしたが、それなりに楽しんで作業にも参加してました。自分達が関わった道具で造られ、点灯されたキャンドルが幻想的に輝くのを観るとき、想いもひと味違ったものになるに違いありません。

          * * *

去年の1月27日 人生初の九州上陸。最終日となる九州視察3日目 の記録。

|

« 函館学講座 受講 | トップページ | 解析「欧米かっ!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シーニックキャンドルづくり:

« 函館学講座 受講 | トップページ | 解析「欧米かっ!」 »